校訂佛説却温黄神呪経

南無佛陀耶 南無達磨耶 南無僧伽耶 南無十方諸佛 南無諸菩薩摩訶薩 南無諸聖僧 南無咒師
沙羅佉 沙羅佉 沙羅佉
夢多難鬼 阿佉尼鬼 尼佉尸鬼 阿佉那鬼 波羅尼鬼 阿毘羅鬼 波提梨鬼
疾去 疾去 莫得久住

新型コロナウイルスの終息を願い続蔵本の『却温黄神咒経』を4種の写本・2種の版本によって校訂しました。世間には多くの写本が流通してますので多少異なるところもあるかもしれません。中国や日本で読誦されてきた疫病平癒のお経です。書写、受持、読誦をおすすめします。

佛説却温黄神咒經
聞如是 一時 佛遊王舍城竹林精舍 與四部弟子大衆倶會 爲説經法 爾時 維耶離國 屬疫氣猛盛 赫赫 猶如熾火 死亡無數 無所歸趣 無方救療 於是 阿難長跪合掌 前白佛言 彼維耶離國 遭温氣疫毒 唯願世尊 説諸聖術 却彼毒疫 令得安穩 離衆苦患 佛告賢者阿難 汝當聽受之 有七鬼神 常吐毒氣 以害萬姓 若人得毒 頭痛寒熱 百節欲解 苦痛難言 人有知其名字者 毒不害人 是故吾今爲汝説之 阿難言 願欲聞之 佛言 若四輩弟子 欲稱鬼神名字之時 當言 南無佛陀耶 南無達磨耶 南無僧伽耶 南無十方諸佛 南無諸菩薩摩訶薩 南無諸聖僧 南無咒師某甲 今我弟子 所説神咒 即從其願 如是神名 我今當説 沙羅佉 三説沙羅佉已 便説咒曰 夢多難鬼 阿佉尼鬼 尼佉尸鬼 阿佉那鬼 波羅尼鬼 阿毘羅鬼 波提梨鬼 佛言 是七鬼神咒 名字如是 若人熱病時 當呼七鬼神名字言 疾去 疾去 莫得久住 我弟子身 令毒消滅 病速除愈 我弟子 今歸依三寶 燒香礼敬 行是諸佛所説神咒 若有鬼神 不隨諸佛教者 頭破作七分 如阿梨樹枝 若人得病 一日二日三日 乃至七日 熱病煩悶 先咒神水 以與病者飲之 當三七遍誦此咒經 疫毒五温之病 並皆消滅 若亦立門 書著氣病者 當額書七鬼神名字 復取五色縷線 各各結其名字 繋著門上 大吉祥也 若能勤誦此經 專心受持 齋戒不喫熏辛 誦此七鬼神名字 温鬼永斷 不過門戸 自進至患家 鬼見皆走 一身永不染天行 若能專心勸人書寫受持讀誦此經 銷殃却害無事不吉 若人不能誦 得竹筒盛 安門戸上 温鬼不敢過門 亦得延年養壽 大吉祥也 阿難叉手白佛言 當何名此經 云何奉持 佛言 此經名 爲却温神咒 佛説如是 天龍鬼神 一切大衆 聞咒歡喜 作禮奉行

佛説却温黄神咒經

令和二年四月八日校訂了 下總國徳蔵寺住 金剛資 祐道


佛説却温黄神咒經
 是の如く聞きき。一時(ときに)、佛、王舍城の竹林精舍に遊んで、四部の弟子、大衆と倶に會して、爲に經法を説き玉ふ。
 爾の時、維耶離國に疫氣に屬して、猛盛にして赫赫たること、猶ほ熾んなる火の如し。死亡すること無數なり。歸趣する所無く、救療するに方ち無し。
 是に阿難、長跪し合掌して、前んで佛に白して言さく「彼の維耶離國、温氣疫毒に遭ふ。唯、願くは世尊、諸の聖術を説いて、彼の毒疫を却け、安穩なることを得て、衆の苦患を離れ令め玉へ。」
 佛、賢者阿難に告げ玉はく「汝、當に之を聽受すべし。七鬼神有て常に毒氣を吐いて、以て萬姓を害す。若し人、毒を得れば、頭痛し寒熱して、百節解けんと欲す。苦痛すること言難し。人、其の名字を知ること有れば、毒、人を害せず。是の故に吾れ今、汝が爲に之を説かん。」
 阿難言さく「願くは之を聞かんと欲す。」
 佛、言は(のたま)く「若し四輩の弟子、鬼神の名字を稱せんと欲はんとする時、當に、
  南無佛陀耶 南無達磨耶 南無僧伽耶
  南無十方諸佛 南無諸菩薩摩訶薩 南無諸聖僧 南無咒師(某甲)と言ふべし。
今、我が弟子、所説の神咒、即ち其の願に從ふ、是の如くの神名、我れ今、當に沙羅佉を説くべし。」
 三び「沙羅佉」と説き已て、便ち咒を説いて曰く、
  夢多難鬼 阿佉尼鬼 尼佉尸鬼 阿佉那鬼 波羅尼鬼 阿毘羅鬼 波提梨鬼
 佛、言は(のたま)く「是れ七鬼神の咒なり、名字も是の如し。若し人、熱病の時、當に七鬼神の名字を呼んで、
  疾く去れ、疾く去れ、久しく住することを得ること莫れと言ふべし。
 我が弟子の身に、毒をして消滅し、病、速かに除愈せ令めむ。我が弟子、今三寶に歸依して、香を焼き礼敬して、是の諸佛所説の神咒を行ず。若し鬼神有て諸佛の教に隨はざる者は、頭(こうべ)破れて七分と作て、阿梨樹の枝の如くならん。
 若し人、病を得て、一日二日三日、乃至七日、熱病を煩悶せば、先づ神水を咒して、以て病者に與へて之を飲ましめよ。當に三七遍、此の咒經を誦すべし。疫毒五温の病、並びに皆な消滅せん。
 若しは亦た門とに立てんに書き著さば、氣病の者の額に当てて七鬼神の名字を書け。復た五色の縷線を取て、各各に其の名字を結て、門の上に繋げ著けば 大ひに吉祥なり。若し能く勤めて此の經を誦して、專心に受持し、齋戒して、熏辛を喫はず、此の七鬼神の名字を誦せよ、温鬼永く斷へて、門戸を過きず。自ら進で患家に至る、鬼見て皆な走る。一身に永く天行に染せざれ。若し能く專心に人を勸めて此の經を書寫し、受持し、讀誦すれば、殃を銷して害を却けて、事不吉なること無し。若し人、誦すること能はずんば、竹筒を得て盛(い)れて門戸の上に安け、温鬼敢て門を過ぎず。亦、延年養壽を得(え)て、大ひに吉祥なり。」
 阿難、叉手して佛に白して言さく「當に何んが此の經を名づけ、云何が奉持すべし。」
 佛の言はく(のたま)「此の經を名づけて、却温神咒と爲。」
 佛説き玉ふこと是の如し。天龍鬼神、一切の大衆、咒を聞き歡喜して禮を作して奉行しき。

佛説却温黄神咒經
令和二年五月二日 日本國總州徳蔵寺住 祐道