永代供養墓のご案内

社長

伝統ある形式の「五輪塔」(ごりんとう)を中心とした永代供養墓のご案内です。永代供養塔、合祀墓、合同墓・合葬墓とも呼ばれます。

昨今、供養が行き届かない合祀墓(ごうしぼ)を広告などで目にします。インターネット上には仲介業者が間に入って本来の必要の無い費用までを負担させる広告もあります。「100年後、その場所は、その施設は大丈夫ですか?」「安易な気持ちでその場所を選んでませんか?」「ほんとうにその場所でいいんですか?」と心配してしまうような施設が乱立しています。

伝統ある寺院で、きちんと供養する住職と、きちんとお参りができるような、そんな場所でなければ亡くなった魂も浮かばれません。

徳蔵寺の永代供養墓は、真言宗の形式に則り伝統的な格式のある「五輪塔」を中心して、納骨室を備える合同のお墓です。ご希望の方は戒名板にお戒名をお刻みすることもできます。お骨はお預かり後12年お預かりし、その後は合祀させていただく合同のお墓です。

仏教では引導作法に、戒名を授け、戒を授けることで「成仏」を祈ります。ですのできちんとしたお寺で、きちんとした供養をする必要があるのです。徳蔵寺は密教の儀礼・儀式によって成仏を祈っております。

引っ越しでお墓の管理が難しい方、墓地でお悩みの方で悩まれてる方はご相談ください。

ご相談ある方は、直接お寺にお出でいただきご検討ご相談ください。(メール・電話ではお互いのことがわかりません。ご来寺の上ご相談ください。)

ネット上には心配してしまう施設が多くあります。ネットの情報に左右されることなくご自身の感覚でいいお墓を選んでください。宗教施設は流行に左右されるものではありません。きちんとしたお寺とご縁を結ぶことが大切です。

行徳・南行徳・浦安・江戸川区・市川市内でも伝統的な五輪塔形式の合祀墓は少なく、貴重な施設です。
毎日、お経が響く寺院墓地での安心のご供養をおすすめします。

社長