住職の仏教研究

【所属学会】日本印度学仏教学会、日本密教学会、豊山教学振興会、智山勧学会、密教図像学会、平安仏教学会ほか

2019
・興教大師全集本の『五輪九字明秘密釈』の問題点(第48回豊山教学大会口頭発表)
・『五輪九字明秘密釈』の書写系統をめぐる問題(第70回日本印度学仏教学会口頭発表)
・仁王会における二三の問題(第25回平安仏教学会口頭発表)


2018
・『麗気記』の相承(『六大新報』4452号)

2017
・中世根来寺における開版事業(『印度学仏教学研究』66-1)
・根来寺における聖教の書写活動-頼瑜がつくりあげた知のネットワーク-(『智山ジャーナル』80)
・『道場観等観想図』における五種結界と器界観について(『豊山教学大会紀要』45)

2016
・『請来目録』と密教経軌との関係-天野山金剛寺聖教を中心に-(『印度学仏教学研究』64-2)
・求められる教化のあり方(『六大新報』4390)

2015
・興教大師の報恩講(『六大新報』4359)

2014
『興教大師和讃』について(『平安仏教学会年報』8)
・覚鑁上人の『舎利供養式』について(『六大新報』4328)
・中世根来寺における書写活動(『密教学研究』46)
天野山金剛寺蔵の請来経について(『平安仏教学会年報』8)
説草について(『豊山教学大会紀要』42)

2013
・『興教大師和讃』に想う(『六大新報』4297)
・日本古写経本系の『陀羅尼雑集』に見られる特色(多田孝文名誉教授古稀記念論文集『東洋の慈悲と智慧』』)

2012
・覚鑁の『舎利供養式』をめぐって(『印度学仏教学研究』61-1)
『伝法会会奉行手鏡』-江戸時代の伝法会の法式について-(『豊山教学大会紀要』40)
金剛寺聖教形成における学頭の役割-聖教に見る逸脱と創造-(『密教学研究』44)

2011
・古本屋の思い出(『六大新報』4235)

2010
・中世における舎利信仰の一考察-『秘密舎利式』と『道場観大師法最秘』をめぐって-(『密教学研究』42)
・霊の解釈-真言宗の立場にたって(『霊をどう説くか』四季社)

2009
・祖風宣揚会と『弘法大師全集』(『六大新報』4173)
・学頭の書写活動から見た金剛寺教学の変遷(『真言密教寺院に伝わる典籍の学際的調査・研究-金剛寺本を中心に-』(科研費(B)19320037))

2008
・金剛寺聖教形成の背景(『平安仏教学会年報』5)

2007
・高野山大伝法院の論義-金剛寺蔵『釈論抄出』について-(『印度学仏教学研究』56-1)
金剛寺所蔵の『薄双紙』(『根来寺文化研究所紀要』4)
・お大師さまが持ち帰った経典(『六大新報』4111)
薩摩坊津一乗院と紀州根来寺(加藤精一博士古稀記念論文集『真言密教と日本文化』)
金剛寺聖教-上乗房禅恵の書写活動-(『金剛寺一切経の総合的研究と金剛寺聖教の基礎的研究』(科研費(A)15202002))

2006
天野山金剛寺所蔵『阿弥陀大呪句義等』について(『智山学報』55)

2005
・根来寺教学の流伝(頼富本宏博士還暦記念論集『曼荼羅の諸相と文化』上)
密教による『麗気記』の相承-麗気灌頂の成立と展開-(『日本思想史学』37)

2004
・『醍醐三宝院灌頂口決 中性院』について(『密教学研究』36)
興教大師の曼荼羅観について(『智山学報』53)
根来寺中性院頼瑜と天野山金剛寺禅恵をつなぐもの(『根来寺文化研究所紀要』1)

2002
頼瑜僧正から見た覚鑁聖人の求聞持法-「求聞持法 理 鑁上人作」について-(『頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集』)
『密厳院発露懺悔文』について(『豊山教学大会紀要』30)

2001
興教大師と求聞持法(『平安仏教学会年報』1)
興教大師における成仏の一考察(『豊山教学大会紀要』29)

2000
・興教大師と神祇(一)-『諸大事十結』における根来山鎮守拝見作法について-(『大正大学大学院研究論集』24)
・興教大師と神祇(二) -根来寺に勧請された神祇について-(『豊山教学大会紀要』28)

1999
・真済僧正について(『豊山教学大会紀要』27)

1995
・『五輪九字明秘密釈』における阿弥陀曼荼羅について(『密教図像』14)

お知らせ

梵字入門講座のご案内

 鶴見大学生涯学習センター(横浜市鶴見区)にて梵字の講座を開講しております。初歩の書き方から、少し難しいことまで、皆さん頑張って梵字仏を書いております。基本的な摩多体文から始まります。
 これまでに梵文般若心経阿弥陀如来根本陀羅尼六字名号阿弥陀曼荼羅光明真言光明真言曼荼羅干支の守り本尊、十三仏、法華曼荼羅仁王経曼荼羅、などにも挑戦してきました。
 6期目となる春学期の題材は理趣経曼荼羅。まずは摩多体文(梵字の基本)を練習していただき、理趣経曼荼羅を書いてみましょうといいたいところでしたが新型コロナウイルスの拡散防止のため今期は休講となりました。
 秋学期から再開の予定です。
 梵字の基本から始めますので、興味があればどなたでも梵字に親しむことができます。
 単なる梵字の書写にとどまるのではなく、梵字をキーワードに仏教の紹介もしていきます。


 

 

お問い合わせは 鶴見大学生涯学習センター まで

2019年12月21日