住職の仏教研究

種智院大学仏教学科卒。大正大学大学院文学研究科仏教学専攻修士課程、国際仏教学大学院大学仏教学研究科仏教学専攻博士課程修了。大正大学綜合佛教研究所研究員、国際仏教学大学院大学日本古写経研究所特任研究員を経て徳蔵寺住職。博士(文学)。

学位請求論文(国際仏教学大学院大学)
『中世密教聖教の研究-天野山金剛寺聖教の形成に関わる学頭禅恵の活動を中心として-』


所属学会
日本印度学仏教学会、日本密教学会、種智院大学密教学会、豊山教学振興会、智山勧学会、平安仏教学会、密教図像学会ほか


論文
1995 『五輪九字明秘密釈』における阿弥陀曼荼羅について(『密教図像』14 平成7年)
1999 真済僧正について(『豊山教学大会紀要』27 平成11年)
2000 興教大師と神祇(一)-『諸大事十結』における根来山鎮守拝見作法について-(『大正大学大学院研究論集』24 平成12年)
2000 興教大師と神祇(二)-根来に勧請された神祇について-(『豊山教学大会紀要』 28 平成12年)
2001 興教大師と求聞持法(『平安仏教学会紀要』1 平成13年)
2001 興教大師における成仏の一考察(『豊山教学大会紀要』29 平成13年)
2002 頼瑜僧正から見た覚鑁聖人の求聞持法-「求聞持法 理 鑁上人作」について-(頼瑜僧正七百年御遠忌記念論集『新義真言教学の研究』 平成14年)
2002 『密厳院発露懺悔文』について(『豊山教学大会紀要』30 平成14年
2004 『醍醐三宝院灌頂口決 中性院』について(『密教学研究』36 平成16年)
2004 興教大師覚鑁の曼荼羅観について(『智山学報』53 平成16年)
2004 根来寺中性院頼瑜と天野山金剛寺禅恵をつなぐもの-事教二相の流伝-(『根来寺文化研究所紀要』1 平成16年)
2005 密教による『麗気記』の相承―麗気灌頂の成立と変遷―(『日本思想史学』37 平成17年)
2005 根来寺教学の流伝-天野山金剛寺聖教を中心として-(頼富本宏博士還暦記念論文集『マンダラの諸相と文化』 上 平成17年)
2006 天野山金剛寺所蔵『阿弥陀大咒句義等』について(『智山学報』55 平成18年)
2007 金剛寺聖教-上乗房禅恵の書写活動-(『金剛寺一切経の総合的研究と金剛寺聖教の基礎的研究』(科研費(A)15202002) 平成19年)
2007 金剛寺所蔵の『薄双紙』(『根来寺文化研究所紀要』4 平成19年)
2007 高野山大伝法院の論義-金剛寺蔵『釈論抄出』について-(『印度学仏教学研究』56(1) 平成19年)
2007 薩摩坊津一乗院と紀州根来寺(加藤精一博士古稀記念論文集『真言密教と日本文化』 平成19年)
2008 金剛寺聖教形成の背景(『平安仏教学会紀要』5 平成20年)
2009 学頭の書写活動から見た金剛寺教学の変遷(『真言密教寺院に伝わる典籍の学際的調査・研究-金剛寺本を中心に-』(科研費(B)19320037) 平成21年)
2010 中世における舎利信仰の一考察―『秘密舎利式』と『道場観大師法最秘』をめぐって―(『密教学研究』42 平成22年)
2010 霊の解釈(『霊をどう説くか』四季社 平成22年)
2012 『伝法会会奉行手鏡』―江戸時代の伝法会の法式について―(『豊山教学大会紀要』第40号 平成24年)
2012 金剛寺聖教形成における学頭の役割 ― 聖教に見る逸脱と創造 ―(『密教学研究』44  平成24年)
2012 覚鑁の『舎利供養式』をめぐって(『印度学仏教学研究』61(1) 平成24年)<br>
2013 日本古写経本系の『陀羅尼雑集』に見られる特色(『多田孝文名誉教授古稀記念論文集『東洋の慈悲と智慧』』 平成25年)
2014 説草について(『豊山教学大会紀要』40 平成26年)
2014 中世根来寺における書写活動-良殿の頼縁-(『密教学研究』46 平成26年)
2014 『興教大師和讃』について(『平安仏教学会紀要』8 平成26年)
2014 天野山金剛寺蔵の請来経について(『平安仏教学会紀要』8 平成26年)
2016 『請来目録』と密教経軌との関係-天野山金剛寺聖教を中心に-(『印度学佛教学研究』64-2 平成28年)
ほか