徳蔵寺の歴史

時は戦国時代、天正3年(1575)、小岩の善養寺の僧、法印権大僧都乗意によって徳蔵寺の歴史が始まります。小岩の善養寺は中本寺としての役割を持ち、行徳から浦安にかけての真言宗寺院を取りまとめ、この地域のお寺は善養寺の末寺としてほぼ同じ時代に開かれてます。
天正4年(1576)徳蔵寺開山の翌年、同じく関ヶ島に「医王山宝性寺」が建立されました。同じく善養寺の僧、覚順によって開かれてます。徳蔵寺と合併するまでのおよそ400年間、「行徳のお不動さま」として親しまれてきました。行徳は江戸から下総の国の玄関口として栄え、その行徳船場にほど近い宝性寺は成田詣最初のお不動さまとして賑わったようであります。
現在、徳蔵寺の本堂に安置されている弘法大師・興教大師像は、享保16年(1731)に開眼されたことが銘からわかります。今から290年ほど昔のもので、その時代の行徳の文化を知る貴重なものです。
安永3年(1774)には宝篋印塔が建てられました。宝篋印塔は仏舎利の功徳を象徴する石塔であり、周辺寺院にも同様の石塔があることからも、この時代に舎利信仰が盛んだったことがわかります。礎石には寄進者の名前が刻まれており、また関ヶ島の古称「六軒」の文字が刻まれております。かつては葬送の折、塔の周りをまわって埋葬の供養が行われておりました。
天保6年(1835)には行徳新河岸の淡雪(あわゆき)が宝性寺に不動明王厨子を寄進しております。淡雪は宝性寺に常夜塔を建てるなど宝性寺を支えました。
しかし安政2年(1855)安政の大地震により本堂が大破。徳蔵寺も宝性寺も屋根の崩壊、常夜灯の倒壊などの被害が大きかったようです。
そして大正6年(1917)10月1日、大津波(高潮)が襲います。濁水が本堂の梁まで達した記録されております。
昭和2年(1927)には行徳大師講によって、弘法大師像が建てられます。こうした大師像は行徳から浦安の寺院に建てられ、寺院を巡る「行徳大師」と呼ばれる講がありました。
昭和30年(1955)宝性寺本堂が老朽化により倒壊してしまいました。奇しくもその前日本尊不動明王を徳蔵寺に移した後のことでした。轟音とともに本堂が崩れたそうです。その後、復興厳しく、宝性寺が徳蔵寺に合併されることになります。
昭和56年(1981)現在の徳蔵寺本堂落慶。
平成7年(1995)不動堂落慶。宝性寺本尊を安置し、毎月28日には護摩が行われております。
平成15年(2003)山門落慶。
平成28年(2016)鐘楼堂落慶。